2009年5月

端午の節句

P1060043.JPGこんばんは!

北柳どおりを愛する若旦那、にっさんです。

 

今日は、私の店に飾られた五月人形を紹介します。

 

写真のとおり、かなり古く、

私の父親のもので、約60年前の人形です。

現在のものとは、だいぶ違って・・

鎧の武者(殿様)が1人に家来が3人ついていて、さらにその周りに4人の金太郎が居ます。

武者と金太郎、それぞれの人形は、もともと別々のものだったのかも知れませんが、

定かなことは私にも父親にも分かりません。

ただ、いっぺんに出して並べてみると、いっぱい居て楽しめます。

 

jここ城崎は、旧暦で節句を祝うことが多いので、

この人形たちも6月5日まで飾って居ます。

北柳どおりから見えるところに飾ってますので、よろしければご覧になってください。

 

 

 

 


親子!?


親子ではありません。
奥がご存知「コウノトリ」
手前が「アオサギ」

城崎の中心を流れる大谷川を歩く「アオサギ」を見て

おぉぉ!!「コウノトリだ!!」

と興奮されているお客様をたまに見かけます。
このブログを見た方、お間違いのないようご注意下さい。

本日お昼に「ハチゴロウの戸島湿地」に行って来ました。
GWだし沢山のお客さんで賑やかになっていて、コウノトリもゆっくりできないんじゃないかと思ったのですが。
そんな心配は無用でした。

みなさんマナー良くご覧になってらっしゃって、逆に私のカメラのシャッター音が気になってしまいました。
現在こちらの湿地公園では

三羽のコウノトリのヒナがスクスクと育っています。
お母さんが餌を取りに行って帰って来るのを、首をなが~くして待っています。

しかし、残念な事にお母さんコウノトリは餌を捕まえるのがあまり上手ではないようで、結局何も取れずに巣へ戻って行ったのでした。
それに比べてアオサギくん、次から次へと小魚を捕まえて食べており。
「少しコウノトリに分けてやれよ!」と言いたくなりました。

こちらの「ハチゴロウの戸島湿地」は城崎温泉街から車で5~6分。
但馬焼きの楽々浦窯の近くです。

間近でコウノトリや沢山の野鳥が見られます。
是非足を延ばしてみて下さい。


情緒溢れる城崎の夜


さて、写真は昨晩の一の湯。

沢山のお客さんで賑わっています。
浴衣と下駄で皆さん食後の外湯めぐりと、散策を楽しんでいらっしゃるのでしょうか。

昨晩は私は湯流れ万灯の当番で、大谷川沿いのパラペットに万灯篭を設置、点火、撤収の作業をしておりました。


万灯篭が並んでいるのが分かりますでしょうか?
この万灯篭を約120個、一の湯から地蔵湯までの区間、川の両端に並べるんです。
この美しい光景に、浴衣姿のお客さんは皆さん記念写真を沢山撮られていました。
この湯流れ万灯は6月末までの、金・土・日・祝日、20~22時まで行っています。

1

おしながき

最新のブログ記事

メンバー一覧

月別アーカイブ

このページの一番上へ