和風? 日本の原風景にあるスタイル

 城崎の旅館といえば和風建築が圧倒的に多いです。

そもそも「旅館=和風(和室)」ってことなのでしょうね。
 
ところで「和風」って何でしょうか?
和風とは読んで字の如く「日本古来の材料・工法・色」で雰囲気を統一することだと思います。
例えば・・・畳(材料)、しっくい(材料)、ジュラク(材料)、真壁構造(工法)、朱色(色)
等です。ちなみに「しっくい」はお寺や蔵などにも多い白いツルっとした壁(今はカラーしっくいもありますが)のこと、ジュラクは和室の壁に多いザラザラした砂壁のこと、真壁構造とは構造体である柱を化粧材として室内に露出した工 法のこと、朱などのは日本古来の色と言われて原色よりも落ち着いた色相になっています。
 
和風の真壁構造に対して洋風の建物に多く採用されるのが大壁構造です。
大壁は構造の柱の上に化粧を施すので室内に柱が見えません。
あなたのおうちの洋間は柱が見えないんじゃないですか?それが大壁構造です。
 
真壁だと柱が見えます。部屋の壁が柱で区切られます。
足元には巾木、天井近くには廻り縁。高さの真ん中より少し上にあるのが長押(なげし)です。和風の壁は区画の集まりです。特別なことをしなくても、大きな区画と小さな 区画が整然と並び変化と調和をもたらしてくれます。
 もちろん難しく考えることはひとつもありません。一番大切なことは日本の長い歴史の中で気候と風土と日本人の気質によって和風が構築され、日本人の原風景の中に和室があるということが一番の「癒し」のポイントなのです。
 
和室の中でもうひとつポイント。
建設業の人間は当たり前に知っていても普通の人は意外と知られてないことがあります。
それは「節がない(かなりすくない)」ということです。柱、巾木、長押、床(とこ)、敷居・鴨居、無目・・・和室の木材には基本的に節がありません。(最近では設計意図によりワザと節を見せる方法もあるので一概には言えませんが)

 和室真壁.jpg

建設業では節がない・・・無節(字の如く見える面に節は一つもない)
     ほぼ節がない・・・上小(じょうこ:上小節の略であっても節が小さく上物)

 

などと言います。節がないことが和室の美徳だったりします。もしくはあっても小さいか生き節と呼ばれる、意匠的に見れる節であったりします(対して固く抜けてしまうような節を死に節といいます)。
 
 
 

 

どうですか?知っていましたか?

 

意外と知られていないんじゃないかと思います。
柱一本にしても木目が縦筋のものを「柾目(まさめ)」、ケ ヤキ等に代表される波紋のように年輪が美しく見える木目を「杢目(もくめ)」といいます。
柾目は縦筋の感覚が狭く、均一なものが良しとされ、杢目は好み次第で様々な表情を探すことが出来ます。
 僕も子どもの頃は何となく「和室なんかダサい」と思っていました。自分の部屋を洋間にしたかったなぁ。でも今では和室が大好きです。落ち着き・佇まい・色彩・質感。本当に落ち着きます。伝統的な和室に加え最近では現代を取り入れたスタイルに発展もしています。和室にベッド等がある部屋もそのひとつでしょうか。
 
最近では和室がない住宅も増えているようです。生活スタイルの変化からそれもやむを得ないことなのだと思います。だからこそ温泉旅行に行った時に和風に触れて、日本人の原風景に自分が溶け込むこともひとつの楽しみにしてもらえたらなぁって、思うのです。
 
 

おしながき

最新のブログ記事

メンバー一覧

月別アーカイブ

このページの一番上へ