城崎の中心で・・・

sisho.JPG

城崎温泉の中心といえば、「四所神社」です。
温泉街の真ん中に位置し、また城崎人の心の真ん中にあると言っても過言ではありません。
というのも毎年この四所神社のお祭りが10月の14・15日に盛大に執り行われます。
祭りの主人公は神輿・神輿台・大檀尻であり、それに携わる町民なのです。
その日は旅館や商店の主人・若旦那はまさにお祭り一色。事業所を飛び出してしまいます。
残された女将衆は仕事の切り盛りが大変で大忙しながらも秋祭りを楽しみにしている方も大勢いるようです。

若干観光客の皆さんは蚊帳の外か・・・っと思いきや!
商店はお休みなれどこの日は城崎中に「歩くお祭り大辞典」と化した人で溢れていますので、知りたいことはどんどん聞いてお客さんなりの楽しみをみつけてもらえたら・・・と思います。運が良ければホロ酔いのオジサマがお酒を振舞ってくれることも・・・?
ただ赤いタスキをかけて走り回っている執頭(しっとう)という役目の青年は大忙しなので話しかけないであげてくださいね。笑

「城崎人は10月14・15日の為に残りの363日を生きている」

と評されることもある秋祭り。
普段の城崎とはまた違った趣を楽しんでみてはいかがでしょうか?
15日のお昼前に四所神社で行われる「宮入」は類を見ない圧倒する荘厳さが見物です。

またお祭り前後にお祭り情報を投稿したいと思います。
※※※
秋祭り当日は自主交通規制、警察による交通規制等があり、お車での移動が難しいと考えられます。宿泊のお客様は各旅館にチェックイン・チェックアウトの相談をしていただくように強くお勧めします。

おしながき

最新のブログ記事

メンバー一覧

月別アーカイブ

このページの一番上へ